個人で仕事を始めたばかりのフリーランスの方、ソロ起業をされた方は大企業のように知名度があるわけでもなく、広告に使える潤沢な資金があるわけでもありません。 ですが大企業のようにお客様が何百万人もいないと経営が行き詰まる、ということもありません。 私達個人がブランディングをする目的の一つは<サービスを真に必要としている人にピンポイントで届ける>こと。 潤沢な資金がないからこそ、限りある資源(お金、エネルギー、時間)を効率良く使ってサービスや商品をお客様に届ける必要があります。そのためにはブランディングの考え方をビジネスに利用しない手はありません!


ブランディングをするには自分自身を知ることがとっても大切になります。 人は人から買います。 そこに信頼がなければよく知らない人から購入するのはとてもハードルが上がります。

Be real! Be authentic!

本来の自分の姿を見せること。なぜこの仕事をやっているのか、どんな思いでこのサービスを提供しているのか、そこに嘘や偽りがあると見ている方も胡散臭さを感じ取ります。 素の自分で勝負する! ブランディングをするためにはまずはブランディングを忘れ、素の自分をしっかりと見つめることが大切です。 ブランディングっていう言葉を聞いたときに、ついついお洒落なホテルにステイしている姿や、世界各地を飛び回っている人の姿を思い浮かべたりすることってあるかもしれません。 でもブランディングってキラキラしているのを演出したり、オシャレに見せたりすることが目的ではありません。 ブランディングの目的はファン作り。そのためには自分自身を客観的に見て、自分の魅力、価値、どんな風に人に貢献できるのか、をリスト化していく必要があります。 個人でのブランディングの第一歩は自分を知ることです。