色彩心理学という言葉を聞いたことがあると思います。 色彩が私たちのメンタルに与える影響はとても大きく、色はブランドの認識度を最大80%もアップさせることができるというデータもあります。


今日はブランディングの視点から写真を撮る時の【色】を意識して、効果的に認識度を上げていこう!という話になります。


まず色にはそれぞれ与える印象というものがあります。

自分が他者にどんなイメージを抱いて欲しいのかを意識しながら、写真に写る壁の色や服など身に付けるもの、ヨガマットのカラーなども選んでみましょう。 親しみやすくて楽しいイメージを持って欲しいなら、黄色やオレンジ色のチョイスが◎ 威厳があり、高級感を醸し出したいなら黒色のチョイスが◎

これを逆にやってしまうと自分が伝えたいイメージと他者が抱くイメージがちぐはぐになってしまいます。

例えばポップで楽しいイメージを抱いて欲しいのに暗い紫や黒色の服ばかり着ていると、他者はあなたに【威厳】【力】【ミステリアス】といったものを感じ、これはポップで楽しいイメージとかなり違ったものになってしまいます。 特にオンラインの世界は【秒】の世界なので、一瞬でジャッジされてしまいます。

そしてそこで付いた【第一印象】は中々変えることができないのが現実です。 自分の部屋からオンラインのヨガクラスを配信している方は背景にも気を付けてみましょう。 壁に素敵な絵を飾ったり、貼って剥がせるウォールスティッカーなどを利用して、自分が届けたいイメージを創ってみるのもいいでしょう。 Amazonで検索するとウォールスティッカーが沢山出てきました。 自分がどんなイメージを演出したいのかぜひ考えて色も選んでみてくださいね!